豆腐という文字が最初に現れたのは、中国で965年の『清異録』陶穀であると

 、江戸時代の「豆腐百珍」巻末にあります。

 豆腐が日本に伝わり、同じく豆腐(トウフ)と呼ばれ、現在も豆腐です。したがって、「豆腐」の文字の意味を考えるには、10世紀以前の中国語で考える必要があります。その意味で、現在いろいろな説がありますが、どなたの説も正鵠を射ていないと思います。

「腐」は中国、日本の辞書でも、くさる、ぼろぼろになる(組織が崩れる)、ただれる、変質する等の意味しかないのです。古代から「流水不腐」「切歯腐心」「腐腸、爛胃」等のように、「腐」本来の意味にしか使われていないのです。 

中国でも「腐」を避け、菽乳、方壁、小宰羊(宰羊:羊の肉)等の異名があります。前述の「豆腐百珍」の巻末に書かれています。 

 現代では中国も、日本も「豆腐」と呼んでいるのですが。 日本では一部「豆富」「とうふ」としている事業者もあります。

10世紀以前の中国として考えると、中国の「本草綱目」穀部:大豆に「可為腐食」とあるように、大豆は消化が悪く、石臼でぼろぼろにし、粥等に混ぜて食べていたことがうかがわれます。 長くなりますので結論を書きますと、

豆腐の「腐」の意味は、ふやかした大豆を石臼でぼろぼろにし、加熱加工したもの、これは中国古代医学書「難経」にある腐熟に通じると考えます。 中国で腐熟とは、胃での初期消化のことで、白くどろどろした状態とあります。正に豆腐のおからを除く前の状態です。 このことから、豆腐の「腐」は消化の悪い大豆を腐熟したものであると考えます。腐熟の「腐」は、ぼろぼろになる、変質するの「腐」です。

  現代日本語では、わらを腐熟させる、堆肥を腐熟させる、腐熟剤がある。組織をぼろぼろに変質させる意味です。中国古代の 腐熟と通ずるところがあります。